早期発見でうつ病を克服【うつ病になりやすい人の特徴】

気がついたら必ず病院へ

聴診器

必ず専門家に相談しよう

うつ病の治療方法で代表的な方法は抗うつ剤を服用する投薬治療になります。これを服用することで脳内の環境を整えます。同時にその人にあった薬の量を探っていきます。抗うつ剤は過剰に摂取しても過小に摂取しても症状の改善には繋がりません。適切な量の薬を服用することは、脳内を整えることで症状の改善に繋がります。症状が改善された状態になるまでには3週間は必要になります。ただし、3週間の間で薬を服用し症状が消えたとしても投薬治療をやめてはいけません。この時点では脳内の環境は正常な状態には戻っていません。その上で症状が消えている状態を維持するために認知行動療法を併用します。この病気を招きやすい思考パターンを整理し、整える必要があります。認知行動療法で思考を整えることでうつ病の原因をなくすことができます。思考パターンがこの病気を招きやすいままだと投薬治療で脳内を整えても治療の効果がなくなってしまうからです。認知行動療法と投薬治療を継続して1年以上が過ぎ、症状が改善されれば最後には日常生活や職場に戻る訓練を開始し、抗うつ剤を少しずつ減らしていきます。薬は急に減らすと副作用があります。薬は少しずつ減らしていきます。症状がぶり返したと感じることもあります。そんな時は必ず担当医に相談し、自己判断してはいけません。担当医の指示に従ってください。日常生活や職場に戻る訓練も少しずつ段階をすすめていきます。この段階で焦ってしまうと症状が逆戻りする可能性もあるので注意が必要です。これらを慎重に進めることで治療が完了になります。うつ病の治療で必要な物がふたつあります。ひとつは十分な休養、ふたつめは抗うつ剤と呼ばれるくすりの服用になります。また、うつ病にかかりやすい人は否定的な思考パターンに陥りがちなので精神的な治療を実施し、心の状態を整理する必要があります。しかし、うつ病は治療を受けたからと言ってすぐに治る性格の病気ではありません。くすりの服用を開始し効果がでるまで3ヶ月以上はかかります。症状がほぼなくなり、日常生活や職場に戻ることができます。4ヶ月目は症状が出ない状態を安定させるようにします。なぜなら、日常生活は職場の中で受けるストレスをきっかけにして症状が悪化することがあります。そこで、症状が元に戻らないようにくすりの服用を続けます。ここで大事なことは症状が消えたからと言って自己判断で治療やくすりをやめないことです。必ず、担当の医師や薬剤師などと頻繁にコミュニケーションを取り、治療を継続することです。ここで継続できなければ治療の効果は消えてしまいます。治療を継続し1年以上がすぎると少しずつもとの生活に戻るための治療を始めていきます。くすりの服用と並行し、うつ病を招きやすい考え方を認知行動療法を用いて整理し整えていきます。体の状態が良くなっても考え方が病気を招きやすい状態のままだと治療の効果が失われてしまうためです。そして、日常生活や職場に戻っても支障がなく、症状がなくなった状態になれば次はくすりの服用をやめます。しかし、くすりを急にやめてはいけません。いきなり、やめると症状がぶり返すことがあります。だから、くすりは徐々に飲む量を減らしていきます。徐々に減らしていきます。そして、くすりを飲まなくても症状が出なくなれば治療は完了です。