早期発見でうつ病を克服【うつ病になりやすい人の特徴】

予防に効果のある方法

看護師

早く治療できるようにする

うつ病にならないためには、ストレスを溜め込まないことがよく伝えられています。もちろん、それはとても大切なことです。しかしストレスは、現代社会どこにでも感じるところがあり、ストレスを感じずに生活することはほぼ不可能です。そのために必要となる習慣が、ストレスを感じやすくならないようにすることです。ストレスは、脳の活性が悪くなることでとても感じやすくなります。脳の活性をよくするための方法の1つに、オメガ3脂肪酸を摂取することです。オメガ3脂肪酸とは不飽和脂肪酸の1つで、亜麻仁油やエゴマ油、そのほか坂ならナッツ類に含まれる成分です。摂取することで脳を活性化する効果を持ち、うつ病を予防させることができるといわれています。そしてストレスを感じることに鈍感となり、精神的な負担を軽減させてくれます。そのほかの予防法では、日の光を浴びることが挙げられます。日光を浴びることで、脳内細胞を活性化させるセロトニンを分泌させ、脳の働きを良くしてくれます。特に朝日はセロトニンの分泌をよりよくさせてくれる効果があり、早朝の散歩は体にとても良いとされています。早起きは三文の徳という言葉がありますが、まさにその言葉通り早起きをして外に出て軽く歩くだけで、脳に良い成分を与えることができます。うつ病を予防するためには、脳の働きを活性化させ、ストレスを感じにくくさせることで対策をすることができるようになります。そのための方法として、少しの習慣を普段の生活の中に取り入れ、身につけていくことが大切です。もしうつ病を発症してしまい、病院で治療を受けることになれば、ただ医師の言うとおりに治療を受けるだけでは治すのに時間がかかってしまいます。少しでも、早くうつ病を治すことができるようにするためにも、早起きができるようになることが大切です。しかし、うつ病を発症する人の多くは、夜に起きて朝に眠気がやってくるようになり、朝は眠ってしまう状態となることがあります。せっかく脳を活性化させる効果のある太陽の光を浴びることなく過ごすことになり、脳の活性化をどんどん低下させていきます。脳の働きがよくならなければ、うつ病の治療が長引いていきます。もちろん、病院で処方される薬も、脳の働きを浴するために服用するものです。しかし、生活習慣を改善していき、日の光を浴びることができるようになることで健康的な体を取り戻す帰還を早めることができます。つらい症状を長い期間抱えずに、早めに治すことができるようにするために、日の光を浴びることができるようにすることが必要です。突然、早い時間起きようとするのではなく、少しずつ起きる時間を早めにずらしていくことで体がなれていき、徐々に早起きをすることができていきます。いきなり早く起きる習慣を身に着けようとしても、かえって体に負担をかける可能性があるため注意が必要です。しっかりと治すことができるようになるために、体に出来るだけ負担をかけずに、ゆっくりと生活を改善させながら症状を軽減させることで、再発しない精神となり完治させることができます。要は焦らないことです。